· 

ちょっと一服 4

フェイスブックに登録したのは旧ホームページ立ち上げの時といっしょですからもう4、5年前のことになります。この時、個人ページはもとより企業宣伝用のフェイスブックページも開設しました。フェイスブック内の楽楽のホームページみたいなものですね。

 

開設はしたもののその後ほとんど手つかずの状態がつづいていました。それを新HPの開設とともにあらためて内容の拡充をはじめたことは先のブログでも触れた通りです。

 

ここにきてフェイスブック内の情報交換グループ「清澄白河いいね」「森下いいね」のふたつに参加させてもらうことになりました。 すでに2か所ともに記事を投稿させてもらっていますが、グループのみなさんどなたもお優しくて、わたしの記事ごときに「いいね」ボタンをいっぱい押してくださります。記事の内容はどれも宣伝なのですが(__)

 「拡充」をはじめたばかりにもかかわらず、このような手ごたえを感じることができ、とても感謝しています。今後の励みとさせていただきます。

 今後も機会があればぜひ投稿していきたいです。

もっともそんなにネタがあるわけではないのですが・・・

といわけでちょっと一服。

店の特徴

ここ江東区森下で中華料理店を開業したのが昭和5年。当初は中国人シェフがいました。戦時中、空襲をのがれてこの場所を離れていた時期もありますが、商売はずっと続けてきました。ふりかえれば90年近くの年月がたちます。今の店主で4代目。創業以来変わらぬ広東料理の味をぜひご賞味ください。

当店の自慢の一品はなんといっても「揚げワンタン」。揚げたワンタンに甘酢あんをかけたものですが、お客さんの誰もが「おいしい」と太鼓判を押してくれます。お持ち帰りもできます。でも、やっぱりお店で、揚げたてアツアツ、パリパリなのを食べていただくのが一番です。

店の看板かあさん(70すぎですが)とならんで楽楽には昔から、看板猫がいます。かつてはチョン、コナなんて名前の仔がいました。世代かわって今いるのがマロンとコロン。歴代の看板猫のなかでもとびきり人懐こい兄弟ねこです。外出?すること度々なので、いつでも会えますとお約束できないのが残念です。この二匹のいろいろな画像はこちら


東京〒135-0004東京都江東区森下3-13-2

純広東料理 楽楽

Tel: (03) 3631-1300