· 

ちょっと一服 6

八日市場の農家S氏のもとで行われている大豆畑トラスト運動。
メンバーの方々とは楽楽は昔から深くおつきあいいただいてます。
そのトラスト運動が今回、20周年を迎えるということで、1月13日、記念祝賀会を楽楽で行っていただきました。S氏からは翌日「こんなに楽しいなら祝賀会、毎年やろうかな」とのメールをいただきました。ぜひ毎年やってください!😁
八日市場のお山のうえで、ぺちゃくちゃおしゃべりしながらの農作業。夏は汗をかきつつも、さわやかなそよ風が天然のクーラーを感じさせる。そして農作業の後はS氏の母屋の庭先で、お酒を飲みながらの楽しい食事タイム。
遺伝子組み換えの大豆はいらない、国産大豆の自給自足的な栽培を!との思いからはじまったこの大豆畑トラスト運動。
興味をもたれましたら、いちどS氏のホームページを訪れてみてください🤗

店の特徴

ここ江東区森下で中華料理店を開業したのが昭和5年。当初は中国人シェフがいました。戦時中、空襲をのがれてこの場所を離れていた時期もありますが、商売はずっと続けてきました。ふりかえれば90年近くの年月がたちます。今の店主で4代目。創業以来変わらぬ広東料理の味をぜひご賞味ください。

当店の自慢の一品はなんといっても「揚げワンタン」。揚げたワンタンに甘酢あんをかけたものですが、お客さんの誰もが「おいしい」と太鼓判を押してくれます。お持ち帰りもできます。でも、やっぱりお店で、揚げたてアツアツ、パリパリなのを食べていただくのが一番です。

店の看板かあさん(70すぎですが)とならんで楽楽には昔から、看板猫がいます。かつてはチョン、コナなんて名前の仔がいました。世代かわって今いるのがマロンとコロン。歴代の看板猫のなかでもとびきり人懐こい兄弟ねこです。外出?すること度々なので、いつでも会えますとお約束できないのが残念です。この二匹のいろいろな画像はこちら


東京〒135-0004東京都江東区森下3-13-2

純広東料理 楽楽

Tel: (03) 3631-1300